高齢化

キャットフードと注意が必要な防腐剤

キャットフードには添加物などの化学物質が含まれていることも多く、防腐剤もその1種です。
特に安価な商品には、食いつきを良くするためや値段を抑えるために健康に悪影響を及ぼすことが指摘されているようなモノが使用されていることもあります。
ここでは防腐剤の他にも、危険性が高いキャットフードに使用されている添加物をいくつか紹介します。

長期保存を目的として、キャットフードには防腐剤が使用されているモノがあります。
防腐剤は人間の口にする食品にも含まれていますが、キャットフードにはかなり賞味期限が長い商品が目立ちます。
そのような商品にはたくさんの防腐剤が使用されているので、特に病気になる危険性が高くなります。
保存できる期間をきちんと見て商品選びを行いましょう。

防腐剤以外にも、添加物には酸化防止剤や着色料や香料などがあります。
特に酸化防止剤では化学合成由来のエトキシキンやBHAやBHTには注意が必要です。
これらは発がん性がある物質として知られているので、絶対に大事な猫ちゃんには与えないようにしましょう。
酸化防止剤には、天然由来の成分が使用されている商品を選びましょう。

着色料に関しても天然由来成分であれば問題はありません。
しかし人工着色料には長く摂れば病気になることが指摘されている成分や発がん性の危険もある成分もあるので、できるだけ着色料が使用されていない商品を選びましょう。
着色料が使用されているかどうかは、商品を見れば一目瞭然で、人工的な色が付けられています。
もちろん着色料が栄養になることは一切ありません。

香料に関しては、原料が粗悪で猫の食いつきを良くするために使用されることが多いので、香料が使用されている商品は避けた方がいいでしょう。
そのようなキャットフードは栄養価も低いことが予想されます。

このように、キャットフードには防腐剤の他にも様々な人工添加物が含まれているものが多く、添加物の中には猫ちゃんの健康を脅かす物質もたくさんあります。
猫ちゃんのことを考えるなら、無添加か、安全性の高い添加物を配合した商品を選びましょう。