高齢化

ダイエットにはどんなものがよい?

猫も人間と同じように、運動をしないで食べ過ぎているとどんどん太ってしまいます。
食べても太りにくい猫もいますが、高齢になれば代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。
肥満になると病気を発症する可能性も高くなるので、そうなる前にダイエットした方がいいのですが、ここではダイエットにおすすめのキャットフードについて探っていきます。

人間と同じように、猫にも糖尿病があります。
その他にも高血圧や動脈硬化になっている猫もいて、当然病気になれば寿命を縮めることになります。
家で飼っている猫は、運動不足から特に肥満になる可能性が高く、特に最近では肥満猫が増えていると言われています。

猫ちゃんに食事でダイエットをさせるには、人間と同じようにこれまで与えていた食事の量をいきなり減らすことはおすすめしません。
そのようなことをすれば猫はかえって病気になりやすく、ストレスも与えることになります。
また、十分な餌を与えないせいで家にいるのが嫌になってしまいます。

猫のダイエットには、専用のダイエット食を与えるのがおすすめで、今では高たんぱく、低カロリーで、量はそのまま、もしくは多く摂っても大丈夫な商品が各社から販売されています。
これまでの餌を与えながらダイエットさせる場合は、ほんとうに分からないくらいに少しずつ食べる量を減らしていき、そこにダイエットフードを混ぜてあげるといいでしょう。
猫ちゃんは何でも食べるわけではないので、新しい餌を口にしない場合は、時間をかけて猫ちゃんに合ったキャットフードを探してあげましょう。
今では栄養のバランスも良く、必要な栄養分をしっかり補給できるダイエット用のキャットフードもたくさん販売されていますが、味に不満がありそうな場合は、猫用のふりかけなども活用して食べやすくさせてあげるのも良い方法です。

このように、人間と同じで猫ちゃんの肥満も病気のもとなので、肥満になる前にダイエットフードなども上手く利用して体重コントロールをしてあげましょう。
肥満は寿命を縮めるとても怖いことです。