高齢化

人工添加物不使用のキャットフード

ペットの猫ちゃんは家族同様という気持ちで飼っている人も多いことでしょう。
そんな大事な猫ちゃんには、人工添加物不要のキャットフードを選んで与えている人はたくさんいると思います。
ここではキャットフードと人工添加物について探っていきます。

人工添加物は人間が口にするモノにも含まれています。
もちろん堂々と市販されているわけですから、それを食べると病気になるような成分は含まれてはいないと考えるでしょうが、人工添加物の中には発がん性が指摘されているモノもあり、キャットフードに関しては人間用としては使用禁止になっているモノもあります。
しかし人間が口にして危険性があるモノを大事な猫ちゃんに与えることは誰が考えても気持ちのいいことではないので、そのようなそのような添加物が配合されている商品をわざわざ購入することはないでしょう。

キャットフードには人工着色料を使用しているモノが多いのですが、実は猫にとっては色がついていようがいまいがほとんど関係ありません。
人工着色料を使用している目的は、購入者である人間の視覚に訴えているだけです。
確かにキレイな色が付いていることで人工着色料配合の商品を選ぶ飼い主さんが多いことも事実ですが、大事な猫ちゃんの健康を考えると、飼い主側もしっかりキャットフードに含まれる成分を確認しなければいけません。

人工添加物と言っても体に害はないと言われているモノがほとんどですが、毎日何年も続けて摂取することで害になる可能性もあります。
特に値段が安いキャットフードは、たくさんの添加物を使用することでコストを抑えているという事実もあるので、安いからといって飛びつくことはやめて、大事な猫ちゃんの命を延ばすことを考えた商品選びをして下さい。

このように、キャットフードには人工添加物が含まれた商品がたくさんあります。
それほどナーバスになる必要はありませんが、健康に害を与えると言われている成分は大事な猫ちゃんには与えない方がいいので、添加物が入っている商品を買う時には、危険な成分だけは避けましょう。