高齢化

キャットフードと乳酸菌

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、腸内環境と整え便秘解消効果や健康や美容効果を得られるものとして私たち人間の間でも好んで摂取する人が多いのですが、ここではキャットフードと乳酸菌の関係を探っていきます。

今では数え切れないほどの種類のキャットフードが多くのペットフードメーカーより発売されていますが、その中には乳酸菌と大きく表示された商品もたくさん販売されています。
乳酸菌配合のキャットフードは、胃腸が弱い猫ちゃんのためにおすすめで、偏食になりやすい猫ちゃんには、乳酸菌入りのキャットフードも利用して、できるだけ偏食させないようにして下さい。

乳酸菌の役割としては、腸内の腐敗物質などから出る悪臭を抑えることもありますが、乳酸菌入りの餌を与えることで、悪臭の原因になる腐敗物質をつくらないように作用して、体に無害な状態で排出させることもできます。

また乳酸菌は腎臓にも良い効果があることが分かっていて、乳酸菌をすすんで摂取することで、人間は尿毒の体内数値を下げることができると言われています。
これは猫にも同じ効果があり、もともと泌尿系の疾患が多い猫は、高齢になれば大きな確率で腎臓を痛めることになりますが、乳酸菌を普段から与えておくことで、腎臓の機能を守ることができます。
さらに猫に多い尿路結石の予防にもなります。

泌尿系の疾患は激しい痛みを伴うものも多いため、大切な猫ちゃんにそのような思いをさせないためにも、乳酸菌配合のキャットフードを与えることをおすすめします。
猫ちゃんは自分で食べるモノを選ぶことはできないので、飼い主である人間がきちんと健康管理をしてあげなければいけません。

このように、細菌では乳酸菌配合のキャットフードが多くのメーカーから発売されていますが、乳酸菌は胃腸の働きを良くすることはもちろん、腎臓や泌尿系の病気の予防にもなることが分かっています。
大事な猫ちゃんの病気を未然に防ぐためにも、乳酸菌入りのキャットフードをすすんで与えることをおすすめします。