高齢化

高額なキャットフードは使い分けて活用

はじめて猫を飼う時には、まずは餌選びからはじめなければいけません。
生まれたばかりの赤ちゃん猫にも、母乳やミルクを与えなければ死んでしまいます。
ここで高額なキャットフードの特徴や、高額なキャットフードの活用方法などを紹介します。

ペットショップやスーパーなど、キャットフードを取り扱っているお店に行けば、今では数多くの種類の商品が陳列されています。
多くのメーカーが様々な商品を販売していますが、商品ごとに配合されている成分も値段も異なり、同じものはありません。

値段の安いものと高いものの大きな違いは、使用されている材料で、人間の食べ物と同じように使用される素材が良いとどうしても値段は高くなります。
また値段が安いキャットフードには単価を落とすために安価な穀物や添加物を使用しているケースが多く、高額商品には無添加で肉を主原料とした商品が多いことは事実です。

猫はもともと肉食で、高たんぱく質、高カロリーの餌がおすすめで、もちろん科学物質などの添加物は配合されていない方が健康のためにも良いことは間違いありません。
したがって、高額商品が無添加で栄養分が多く、それでいて栄養のバランスが良く配合されているのであれば、やはり高額のキャットフードを選ぶことをおすすめします。

しかし、高額なキャットフードは経済的に負担になる人も少なくはありません。
また猫が高額商品を好むとも限りません。
大事な猫ちゃんがもしも高額商品を好む場合で、経済的に負担になるなら、他の餌とローテンションを組んで負担にならない程度与えてあげるといいでしょう。

猫に与えるキャットフードは1種類だけではなく複数選んで与えても問題ありません。
むしろ特定の商品が販売中止になった時のことを考えて、複数の商品を普段から与えておくことをおすすめします。

このように、大事な猫ちゃんに与える餌は安全性が高く栄養分が豊富で、栄養がバランス良く配合された商品がおすすめで、高額商品にそのようなものが多いのは事実ですが、高額商品を猫ちゃんが好むとは限らないので、経済的に負担がかかる場合は、安全性と栄養面の基準をクリアしている経済的な商品を探して与えて下さい。
高額商品を好む場合は、安い餌とローテンションを組んでたまに与えてあげましょう。