高齢化

おやつはいつあげる?

最近ではペットショップはもちろん、一般のスーパーやホ-ムセンターなどいろいろなところでキャットフードが販売されていて、種類も豊富に揃っています。
その中には猫ちゃんのおやつもたくさん販売されていますが、ここでは可愛いペットの猫ちゃんへのおやつをいつあげればいいかについて紹介します。

そもそも猫にはおやつは与えなければいけないのか、という疑問を持っている飼い主さんも多いでしょう。
猫には1日2回のご飯しか与えていない人も多いでしょう。
猫におやつをあげる一番の目的はコミュニケーションを取ることで、もちろんきちんとご飯をあげていれば、おやつは必須なモノではありません。

おやつはご褒美として与えている人も多く、そうすることで、適度なスキンシップを取ることも、食べ過ぎを防ぐこともできます。
おやつをあげるタイミングとしては留守番をさせて帰宅した時や、トイレをキレイにした時など、何か特別な時にあげるといいでしょう。

おやつを1日に何度も与えている飼い主さんは注意が必要で、おやつのあげすぎは肥満の原因になってしまいます。どんなに多くても1日1回か2回にして、それ以上は絶対に与えないように管理した方がいいでしょう。
おやつをあげると喜ぶから、ついつい与えすぎてしまう飼い主さんも少なくはないようですが、本当に猫ちゃんを大事だと思っているなら、きちんと量を考えなければいけません。

特におやつのせいで食生活が乱れることは絶対に避けなければいけないので、食事の時間の直前にあげるようなことはしないで、食事の時間にはお腹が空いているように時間を見計らうこともおやつのあげ方としては重要なポイントです。
猫にとっては食事もおやつも同じ食べ物に変わりはないので、おやつと食事の区別がつかないこと飼い主がきちんと理解して栄養管理をしてあげなければいけません。

このように、おやつを頻繁にあげても構いませんがカロリーオーバーになって肥満になることは避けなければいけません。
特別な日のご褒美などにたまにおやつを与えることがおすすめで、おやつの目的は猫ちゃんとのコミュニケーションということを忘れないで下さい。